ブランド(brand)のコピー商材が、流通する理由その5、 査定をしてから分かるお得な額面。

ブランド(brand)のコピー、みなさんは買ったことが、有りますか?
またはコピーだと知らずに買わされたこと言うのは有りますか?
誰でもコピー品を一度や二度、見たり、触ったり、手にしたことが、あるとおもいます。
さて、各ブランド(brand)の直営ストアーでは、並んでいる商材には取り敢えず、コピー品はないとしてよろしいでしょう。
ここでいう直営ストアーと言うのは、たとえば、グッチでしたら、「グッチグループジャパン」が、運営している専門ストアー舗のことです。
ポピュラーデパートにはテナントで入っていますよね。
たとえば、高島屋、伊勢丹、東武等が、やうです。
こちらの専門ストアーは、ほかのブランド(brand)は置いていません。
ですから、グッチもシャネルも、フェンディも置いてあるおストアーは直営ストアーではないのです。
ですが、、よく勘が、ギャップしてしまうケースが、有ります。
ストアー舗の宣伝用チラシや、インターネットに「GUCCI専門ストアー」と書いてあるストアーが、有りますよね。
これは単なる謳い文句であり、ありのままには各種ブランド(brand)品を取り扱っていて専門ストアーではないケースです。
無論、そういったストアーは「グッチグループジャパン」が、運営しているものではございません。
又、ブランド(brand)品が、混在しているだけでなく、割引を通しているストアーは直営ストアーではないとしてよろしいでしょう。
では、直営ストアー以外のおストアーは、どうして仕入れを通しているのでしょうか?
素晴らしくあるブランド(brand)ストアーと呼ばれているおストアー等は、どんなふうにして、何処でブランド(brand)商材を仕入れているのでしょうか。

ブランド(brand)のコピー商材が、流通する理由その2

これは、コピー品ではなく、正規品の話です。
シャネルであっても、おんなじシャネルのバッグを買おうとするケース、原産国の直営ストアーでしたら、ニッポンの直営ストアーで貰うよりもお安く手に入れることが、出来ます。
こんな理由で外国からブランド(brand)品を仕入れている業者は沢山です。
無論、現場の直営ストアーで仕入れたブランド(brand)品は全部、本ものですよね。
これが、最も規則的確仕入れ、市販の方式であり、こんな現場の直営ストアーから流通したものが、、ニッポンのおストアーで出まわるような、規則的確流通が、されているのならば、ブランド(brand)のコピーが、入ってくることもないとおもいます。
でも、現実はいかが、ですかか?
ブランド(brand)ストアーと呼ばれているおストアーも、コピー品を市販され、消費者は偽物と言うのは知らずにオーダーし、トラブルになることが、多発しています。
では、ニッポンではどうして、このようにブランド(brand)コピーが、あふれてしまっているのでしょうか?
それは、ニッポンの法律も関係しています。
又、法律だけでなく売っている業者側、貰う消費者側にも問題が、有ります。
とりわけ、法律ですが、、もしも、ブランド(brand)のコピーを売ったとしても、それが、偽ものだと知らないで、売ったケース、これは罪に仰ること言うのは無いでやうです。
当然、偽ものを本ものだと言って、消費者をだまして市販したケースは詐欺行為ですから、刑法の詐欺罪になります。
このケースは、10年以下の懲役が、課せられます。
ブランド(brand)コピーを売り出し訴えられた業者が、いたケース、その業者が、、そのコピー品を本ものだと信じて仕入れしたケース、いかが、ですかか?

ブランド(brand)のコピー商材が、流通する理由その3

このケースは、罪にならないと言うことになります。
これが、故意ではないと判断されれば、刑事処罰の対象と言うのはならないと言うことですね。
そういえば、トピックになったコピー商材の事件が、ありました。
イトーヨーカドーで売られていたバーバリーが、偽ものだったと言う衝撃の事件でしたね。
大手のデパートが、堂々と偽ものを市販していたわけですから、世間はみんな驚いていましたよね。
本当は、この事件、イトーヨーカドーにおろしていた業者が、本ものだと騙されて仕入れしていたようで、結局、刑事事件にはなりませんでした。
処罰もなく、コピー商材を自主回収して事件は片付きました。
この事件では何が、問題だったかと言いますと、大手のデパートが、信用問題になるのにもかかわらず、そのバーバリーが、本ものなのか、どうにか確認を入れていなかったと言う点ですね。
大手で売られているものは、確認されているはずだからと安心してオーダーしていた消費者のテンションを裏切ることになってしまいました。
ヨーカドーでは、はなはだ2万枚以上売れていたやうですから、買った方も売った方も、こんな数を市販しても誰でも気が、つきませんでした。
ビックリしちゃいますが、真にあった事件です。
さて、次に、譲る側として業者の不備と言う点もブランド(brand)コピーが、ニッポン中に流通してしまっている原因の一つです。
ポピュラーな一流ブランド(brand)、グッチ等は、「見分け方」の情報を公開していないのです。
作製会社側が、情報公開していないこと言うのはポピュラーな話です。

ブランド(brand)のコピー商材が、流通する理由その4

業者も仕入れの際に確認技能が、低くても手法が、ないのかもしれませんね。
ですから、市販業者が、ブランド(brand)商材を見て、本ものか、コピーか、と言う、100パーセント信用のおける鑑定は本質的に出来ないと言われています。
質屋さん等で、ちゃんと鑑定しているやうですが、、それが、100パーセントふさわしいと言うことにはなりません。
質屋さんたちは、長い間のワークで培ってきた経験や、研究、勉学によって、クライアントたちが、携帯して顕現る品ものを、本ものと見比べて確認します。
ですから、決定的鑑定と言うのは、ブランド(brand)直営ストアーのスタッフぐらいしか出来ないとおもわれます。
このような実態ですから、業者としても仕入れの際、それが、コピーか、本ものか、完璧に鑑定すること言うのは、不出来ると言うことになります。
中間業者を通して仕入れしたものは、結論、ブラック品ものとなってしまうのです。
人類が、可愛らしく見掛けるおおかたのブランド(brand)ストアーは、仕入先に中間業者を通しているとおもわれます。
直営ストアーからの直接買い付けだとうたっていない限り、ブラックでしょう。
ですから、ブランド(brand)ストアー側も被害者になる見込みが、でかいのです。
中間業者からコピーだと知らずに、仕入れてしまったと言う市販ストアーも少なくございません。
偽ものを並べて売ってしまったおストアーも、言ってみれば中間業者にだまされてしまったケースが、沢山のではないでしょうか。
では、何故、だまされているかもしれない見込みが、あるのにもかかわらず、中間業者を通して仕入れをするのでしょうか?

ブランド(brand)のコピー商材が、流通する理由その5

それは、激安ブランド(brand)ストアー等は、直接、ブランド(brand)作製専門業者から買い取ることが、出来ません。
作製専門業者は直営ストアーだけに安値で卸していて、大抵のブランド(brand)ストアーには卸しません。
外国直営ストアーで仕入れたり、外国のアウトレットで仕入れたりしたら、短いかもしれませんが、、それ程経費もかかってしまいます。
直接買い付けを売りにしているブランド(brand)ストアーも沢山やうですが、、大量に仕入れないと、費用が、大きくなってしまう。
外国へ行く費用だけじゃなく、ホテル代や、関税、又、商材を買い付けて見せる送料等、費用が、大きすぎますよね。
費用が、大きければ、儲けも小額になってしまいますから、手法無く中間業者から仕入れをするわけなのです。
ですから、反対に言えば、薄利ことのに、直接買い付けをした品を市販しているブランド(brand)ストアーが、、あったら、そこは潔癖だとかんが、えられますよね。
さて、次に貰う側、私たちの問題も有ります。
これは、人間消費者が、ブランド(brand)に対して、またはコピー商材に対して知識が、僅かにかんしてです。
買う時にコピーだとわからないでオーダーして仕舞うことも問題ですし、その後、使っていてもかなり、それが、偽ものだと気が、つかないでいることです。
と言うことで、ニッポン中にブランド(brand)のコピーが、流通してしまった背景には、ニッポンの法律の問題も有りますし、ブランド(brand)作製専門業者が、偽ものを突き止める方式を公開していないと言うことも有ります。
又、中間業者も市販ストアーも、人間貰う側も、偽ものを見定める技能が、コンパクトなと言うことが、ありました。
コピーを掴まされない防衛策としては、現時点正規直営ストアーでのオーダーぐらいしかないのでしょうね。
まだまだ高くても信頼出来ますからね。