オークションのブランド(brand)コピー品に要注意しようその8、 査定をしてから分かるお得な額面。

折角のお買いものも、それが、コピー商材だったからには?
それはもっとが、っかりですよね。
とにかくブランド(brand)品は大きい買いものなのですから、それが、価値のないものだとわかったら、そうとうショックだし口惜しいおもいだけだとおもいます。
ニッポン中に激安ブランド(brand)ストアーが、存在していて、ウェブストアーも無数に有ります。
手軽にオーダー出来ることから、商材を見ないでオーダーし、結論、コピー商材を買ってしまったと言うトラブルも数いっぱいあるやうです。
では、ニッポン中にあふれている、ブランド(brand)コピーから己を続ける為に、私たちには何が、出来るでしょうか?
ここでは、少なくてもの知識に対してお話ししたいとおもいます。
まるで、基本中の基本、それは、安すぎるものには用心ちょうだい。
中古でもないのに、ブランド(brand)ものが、安すぎる、破格で市販されている、それはどうしても面白いとおもいます。
なぜなら、ドンキホーテなどの大量に引き取り、大量に市販する、ストアーと言うのは違って、本もののブランド(brand)品は専門業者が、努力してお安く手に入るものではございません。
たとえば、たとえ給与を削って経費を削減したり、外国直営ストアーで大量に仕入れて単価をお安くゲットしたり、こんな努力をしても、ここまでお安くならないだろうと言う値段が、有ります。
アウトレットセール等傷ものでグループ限り等、ときどき、限定でお安く市販しているのは良いとしても、全部の品が、しょっちゅう安すぎる激安ブランド(brand)ストアーはブラックでしょうね。
これは、ネットオークションもおんなじことです。

オークションのブランド(brand)コピー品にブランド(brand)しようその2

沢山のブランド(brand)品が、どれも他者と比べて、かなり短いケース、要注意したほうが、良さやうです。
ノーマルにブランド(brand)品を仕入れていたら、あまりお安く市販出来るはずが、ないとしてちょうだい。
いくら、並行輸入品だと言っても、大はばにディスカウントすること言うのは不出来るだと言われていますから、定価よりかなりお安くなっているブランド(brand)品には手を出さないほうが、無難でしょう。
又、おストアーが、どれくらい信用出来るかも大切です。
たとえば、万が、一、不良品が、届いたケース、返品出来るかどうかを確認しましょう。
おストアーが、その商材に対して責任を取って受け取るのは当然の義務ですからね。
又、インターネットオークションでブランド(brand)品を買いたいとしている方、いくらでもいらっしゃるとおもいます。
だって、おストアーで貰うよりますます安いですからね。
ネットオークションでコピー品を落札してしまったようなトラブルも多発していますが、、自分さえしっかりしていれば大丈夫と誰でもが、思っています。
又、評価が、沢山人、たとえば良い評価が、何千も何万もあったら、売っている品は全部、本ものだと思っている人もいっぱいいらっしゃいますが、、ちゃんとそうでしょうか?
何より、ブランド(brand)ものそれでも一般に比べて安過ぎる品はコピーかもしれないですね。
過去にもネットオークションで詐欺を働いた事件が、いくつもあり、ニュースや新聞で報道されていました。
ビックリすることに、だいたいの事件が、、発覚するまで、何百人にも偽ブランド(brand)品を市販していたと言います。

オークションのブランド(brand)コピー品に要注意しようその3

それ程沢山の人が、オーダーしていたのにも関わらず、誰でもわからなかったと言うことになります。
逆に言えば、今まで評価が、良いばっかりの出品者であっても、それはもっぱら落札者が、偽ものに気づいてないだけと言うことも有ります。
勿論、出品者が、信用出来るかどうか、競売サイトには評価欄が、有ります。
今までの取引で良い評価、悪賢い評価が、押し付けば、そこで蔓延るようになっています。
私もネットオークションで品ものをオーダー、落札するケースは、出品している人の評価を確認します。
詐欺まが、いのことをしたようで、マイナス評価ばっかりついていている人も時に見かけます。
そこには落札者が、怒りのコメントを書き込んでいます。
たとえば「送金したのに品ものが、届きません!お金を返してちょうだい!」とか、「ブランド(brand)品ではなくコピーを送ってこられました!」とか、いろいろです。
ヤフーオークションでは、大変に良い、望ましい、どちらでもない、低めの、大変に悪いと5つに評価が、分かれています。
サイトのまだまだ面識のない人の品ものに対してお金を送金するのですから、怖いとおもう人はオークションをやらないですよね。
ですが、、入札、落札する前に、評価欄を見れば、あるくらいはガイドラインになるのです。
こうして、評価が、高い人、過去に有難い取引を沢山している人なら、安心して落札することが、出来ますよね。
ですが、、評価が、高い人が、出品しているブランド(brand)ものはコピーではなく、全部、ホンモノなのでしょうか?
本当はそこが、落とし穴なのです。

オークションのブランド(brand)コピー品に要注意しようその4

先ほどもお話しましたが、、詐欺で捕まった出品者は、何百人、何千人とコピー商材を市販していたのに、捕まるまでだれもコピーだとわからなかったケースが、沢山です。
ですから、そうかんが、えると、評価欄はブランド(brand)品に対しては、よく信用して良いものではないのかもしれないですね。
詐欺で捕まった人、業者は、それまでコピー品を売りつけ、高い評価をもらっていたわけですから、買い手は気が、つかなかったことで、ずっと被害者が、出てしまったことになります。
そればっかりか、評価欄にはブランド(brand)品をお安くオーダーできた御礼の言葉が、並べられていたケースも有ります。
落札したみなさんが、、コピーを買わされたと感づくのは、出品者が、摘発されてからです。
警察ざたになるまで、みんな気が、つかず、安っぽい買いものが、出来たと喜んでいるでしょう。
又、偽ものだと気が、つかずに、一生、それを本もののブランド(brand)品だと思って、扱うことになるのかもしれません。
言ってみれば、気が、つかないほうが、幸せかもしれませんよね。
競売による業者もブランド(brand)品を激安で売っているのを見かけます。
1円オークション等が、代表的でしょうね。
あまりお安く出品するには大いにお安く引き取りなければ無理です。
こんな人は、一体、何処から仕入れているのか、不思議に思ったこと言うのはございませんか?
それとも低めのからと安易に入札していませんか?
こんな激安出品、現場から直接仕入れているから安心だとか、商材解説に書いてあるのを見かけます。

オークションのブランド(brand)コピー品に要注意しようその5

ブランド(brand)品のいっぱいはネットでもオーダー出来ます。
ネットだと安いと言っても、現場の直営ストアーよりもお安く買い取ることが、出来るのかと言えば、それは不出来るでしょう。
一際、常識的にかんが、えて安すぎるものには軽いテンションでオーダーしてはいけませんね。
競り市でも安すぎたケース、安易に入札せず、「待った!」と言うテンションで参加しましょう。
勿論、中古品等はブランド(brand)でもお安くなっていますので、競り市に出されている全部の品が、コピーと言う訳ではございませんので念の為、触れておきますね。
質屋さん等は、偽ものを判別出来るやうですが、、それも完璧と言うのは言えません。
質屋さんだってだまされて仕舞うこともあるやうですからね。
では、こんなブランド(brand)のコピー品を見分けること言うのは素人でも出来るなのでしょうか?
眺める方式をネットでも記載しているページが、有ります。
ここを見れば、本ものかコピーかわかると、その方式を情報公開しているサイトも有ります。
ですが、、それも直接手に取って見てのこと、ネットオークションで画像を見ただけでは何とも言えません。
競り市の商材解説に「本もの」ですと書かれていないケース、おおかたが、コピーだと言われています。
個人ではなく業者が、出品しているケースも同じです。
本ものだと言って、コピーを並べる、ニッポンでは、この行為が、余りに沢山です。
ですから、コピー大国と言われているのでしょうね。
では、見る方式、そのふさわしい方式は存在するのでしょうか?
ガッカリなが、ら、答えは、ノーですね。

オークションのブランド(brand)コピー品に要注意しようその6

ネット上で写真を見ただけでは、それが、コピーなのかどうにか、分からないです。
画像が、別の本ものの画像になっているケースも有りますから、出品されているそのものの画像になっていないかもしれません。
と言うこと言うのは、写真を見ただけでは判断出来ないと言うことになります。
と言うのはいうものの、本当は画像を見てコピーやまが、い品だと判別出来るケースも有ります。
それは、明らかにそのブランド(brand)、たとえば、シャネルでは出していない形のバッグだったり、存在しないデザインだったりする時です。
当然、違う模様、違うロゴが、使われていたり、糸の色が、違ったりと、画像で見て知るものも有ります。
これらは、ランクのコンパクトなコピー品ですね。
ブランド(brand)スキなら、見ただけで分かることも有ります。
又、ランクのコンパクトなコピーのケース、本ものと見比べてみれば、誰でも判断出来ることです。
イージーにわかって仕舞うくらいのコピーは、S級品コピーと違って似せることにそれほど力を入れていないのでしょう。
さて、ネット等で情報公開されているコピー品の見分け方も、少し問題が、有ります。
そもそも、見分け方は作製会社が、公表していないのですから、そのもの、推測にすぎません。
又、見分け方の情報は大きく知られているため、それをクリアすべき、コピー作製会社のほうは対応しているにギャップないです。
「ここを見れば本ものか極める」と言われている箇所を、まず、作製会社のほうが、クリアしているかもしれませんしね。
ですから、その情報はゆえんが、ないと言うことにもなります。

オークションのブランド(brand)コピー品に要注意しようその7

それはそうでしょう。
コピー作製会社も相談を直し、コピーだと見破られないように、日々、研究、改善だからね。
又、ポピュラーブランド(brand)、グッチのコントロールカード。
これを見たら、本ものか、コピーか一目瞭然だと言う情報が、有ります。
一般的に知られている見分け方で、コントロールカードに印刷されている数字のどっか一部が、切れているものは、正規品で、切れていないのが、、コピーと言うことが、有ります。
ですが、、いざ、本ものであっても数字が、切れていないケースも有りますから、この情報は当てになりません。
それに、紙に書いた数字くらいコピー作製業者はイージーに造れてしまいます。
このことにも気が、つかずに、コントロールカードばっかり見ている人もいるでしょう。
すごい大好評のヴィトンもコピー商材が、あふれていますよね。
ヴィトンのケースでしたら、バッグや財布などの、モノグラムの柄を見れば聴き取れると言う情報も有ります。
変に途中で柄が、切られているのは、コピーの見込みが、大きいやうです。
又、ヴィトン、縫い目を境に柄が、対象になっているものが、本もの、柄が、関係なく縫われているのが、コピーと言う説も有ります。
そしたら、作製ナンバーで何桁はありえないとか、各種情報が、あるやうです。
ホックを見ると必ずや刻印もあり、又、ホックは出っ張ったほうの先が、尖っていますので、丸まっているのはコピー品だと言われています。
これくらいのことならブランド(brand)大スキな人、または、ヴィトン大スキな人なら、今やごぞんじのことでしょう。

オークションのブランド(brand)コピー品に要注意しようその8

又、刻印も本もののヴィトンは「LOUISVUITTON」のスペルのなかで、Oの字が、、円形になっています。
縦長のノーマルのOのケース、コピー品の見込みが、有ります。
こんな見分け方のカギは、ネットでドシドシ探せます。
と言うこと言うのは、コピーを創るほうも見ていると思ったほうが、良いですね。
本ものかどうか素人も判別する方式をまとめますと、前もって、画像では判断出来ない、値段が、安すぎるときは憂う、ストアーの精度を見つける、競り市なら出品者の精度を調べてから入札する、こう言ったことになります。
又、返品、修理も正しく受け付けてもらえるストアーであること、仕入れ先が、はっきりしていること、等も大切でしょう。
貰うなら、買った商材が、万が、一、コピーだったケース、返品してお金を返してもらえるようなところで買いましょう。
ウェブストアーでブランド(brand)品を貰うケース、ストアーが、信用できそうで、返品も大丈夫なら、買ってみれば良いのです。
コピーだとわかったら、お金を返してもらえば良いのですからね。
本ものかコピーかの見極め方は、世のなかにあふれています。
間違う情報に惑わされないことが、大切です。
以上のことを守っていれば、コピーを買って仕舞うことも尽きるのではないでしょうか。
やっと、シビアなお金を払って買いものをするわけですから、誰だって偽ブランド(brand)は掴まされたくございません。
被害が、弁償されなければ泣き寝入りするだけですから。
かしこい消費者になって、正にブランド(brand)品を買いたいですね。