この自分も英語を発する機会が沢山と言うのが、オンライン英会話の特徴の1つです。

オンラインは、先生と1対1で会話をしていくのが本質的な形です。

インプットのみでお子さんを英語のワールドへ繋げるケース、目新しい教材にはしばらく目を輝かせて取り組みますが、飽き易いと言うちびっこの特性と共に、関心を続かせていくと言うのがたいへん難しいです。

ですが、覚えた単語やフレーズが出てきて、それを現実に言葉にして会話が出来ると言う経験をしたケース、ちびっこは嬉しくなります。

この”嬉しい”・”楽しい”と言う経験がたいへんキーポイントです。

このテンションが芽生える事で、インプットにもさらに関心を抱き、英語のワールドへの関心も広がります。

“しゃべりたいから英語を覚えたい”と言うテンションも強力になると、教材の効き目もUP!ただ家に置いてあるのではなく、生きた教材となり、ちびっこが自分から広げて楽しむようにもなっていきます。

英語が使えるようになるコンフィデンシャル2:アウトプット(発音や言い回し)がきちんとのかどうかを確かめてくれる

英語と言うのは、ニホン語の発音にはない発音をしなければならない単語があるので、難しいと言われています。

お子さん自身が見たり、聞いたりして覚えた英語を発音したとして、例えば、LとRの発音のちがいを、今のは違うと指摘して教えてあげる事は出来ますか?『Good morning,Mother!』とお子さんが言った時に、『Mommyで良いのよ』と教えて挙げられますか?おそらく、英語教育をかんがえている方の多くのご両親は、英語が不得手かとおもいます。

だからこそ、英語を習わせてあげたいと思っているのでしょう。

ちなみに、上記にあげたMommyですが、理由は以下の通りです。

英語の授業時に、母親と言う単語はMotherだと教わったかとおもいます。

ですが、これは少し格式ばった言い方となってきます。

本人に対して使用するケースには、ニホン語でいう所の”母上”・”お母さま”的なニュアンスです。

他人に対して言うケースには、“母が(は)…”と言うような感覚で活用していく単語となってきます。

ですので、自分の母に挨拶を行うケースには、Mommyがしっくりきます。

もう少し大きくなって、小学校の高学年くらいになると、Momを活用していきます