ですが、大きなちがいが有ります。

それが、時間と回数です。

オンライン英会話のレッスンは、1回につき20分から30分といった時間が沢山です。

それを週に3回から4回受講している方が沢山でしょう。

ご家族教師やちびっこ向け英語教室ではと言うと、1回60分くらいの授業を週1回、または月に4回といった所が沢山です。

こうした時間や回数の効率と言うのは、習い事によってちがいが出てきます。

例えば、算数等といった、ちゃんと自分のなかで把捉をしていく事が求められるような習い事であるならば、1回1回の時間をちゃんとかける事が大切となってきます。

ですが、言葉と言うのは、経験を重ねていく事が求められます。

正直、1週間に1回と言う回数では、ちびっこはそこで習ったものを忘れてしまいます

1回の授業を休んでしまったケース、2週間もの間英語に触れずにいてしまいます、。

大切な事は、例え1回の時間が短くとも、1日おき等頻繁に英語に触れられる環境要素である事。

英会話を続けていく事。

こちらの方が、身に付け度の効き目は高いです。

ちびっこの集中力の特性をかんがえても、20分、30分と言う時間は短いと言うのは言えません、。

なぜならば、コンパクトなお子さんであるのならあるほど、集中出来る時間は短いのです。

そういったいわれだとしても、お子さんのケース、英会話を受講するのであるのなら、短いレッスンを多く持つと言う事が、無理なく学修られる最短コースといえるでしょう。

そしてちょっと物足りなかったな…と言う時間が、実は丁度良いと言うのも、効き目の1つだとしても有ります。

大人だとしてもやうですが、少しの物足りなさと言うのは、次を連想させませんか?ちびっこも同じです

“今日のレッスン、もう終わり?”と感覚させる事が出来ることなら御の字です。

それは言い換えれば、次のレッスンが待ち遠しいと言う事。

そして、オンラインの英会話では、その熱が冷めない内に次のレッスンを受講する事が出来ます。

この繰りかえしを続けていく事で、お子さんのなかに存在する英語への関心や熱意といったテンションが倍増され、身に付け度がUP…好循環を構築していくのです。

英語がつかえるようになる理由8:続けていき易い

言葉を身に付けしていくには、持続はたいへん重大となっていきます。

ちびっこと言うのは、新しい事に対しての関心が大きく、みるみると吸収していく力を持っています。