可能であるのなら、ニホン語のみに限らず、ニホンの文化や風習まで把捉している先生がいらっしゃると最良です

幼児と言う小さなお子さんは、ニホン語もまだまだ未熟です。

関わる大人の環境要素は、ニホン語も正しく使える方が多くいる事に越した事はございません。

ニホンの文化や風習を把捉している方であるのなら、お子さんの仕草や言葉足らずのニホン語であっても、ちゃんとフォローしてくれる事でしょう。

そういった先生がいらっしゃるのが随一の理想の形です。

・ニホン語は、英会話の基礎力となる・具体的に解説しますね。

例えば、『相対性理論』を解説して頂戴と言われたとします。

解説出来る方もいらっしゃるかとおもいますが、ここでは解説出来ないと仮定しましょう

では、この相対性理論を英語で解説出来ますか?ニホン語だとしても解説出来ない事を、英語で解説は出来ませんね?何が言いたいかと言うと、母国語であるニホン語力を英語力が超えると言う事は絶対にありえないと言う事です。

と言う事は、英語力をUPさせる為には、ニホン語力が欠かせないと言う事になります。

英語教育に力を入れすぎるばっかりに、年齢相応のグレードを超えた英語力を求めるのではなく、ニホン語もちゃんと教えていく事も忘れずにいましょう。

ある研究からも、ニホン語力があるちびっこの方が、英語の身に付け率が早いと言う実りが出ています。

こうした見地からも、ニホン語を把捉してくれる先生に教わる事は、重大です。

2、ネイティブスピーカーにこだわらない事

おもわず、発音も正しく覚えてあったら嬉しいから…とネイティブスピーカーを選択する方が沢山かとおもいます。

ですが、実はそこにとらわれる必要は全くといって良いほど無いのです!英語には米国英語もイギリス英語も有りますし、ニホン同様に方言やなまりも存在します。

オンライ英会話では、先生を採用する際に発音の確認と言うのはちゃんとおこなわれているのが基本です。

ですので、ネイティブ以外の先生がきちんと発音が出来ていない事にはなりません。

逆に忠告してあったら嬉しいのが、ネイティブスピーカーだけを売りにしているような所です。

そういったところは、先生によって方言やなまりがないかをちゃんと確かめる必要が有りますので、気を付けましょう。